今年の症状と罹患後すぐに服用するリレンザ

インフルエンザは、この細菌への感染を通じて病熱や肺炎など、多種多様な重い症状を引き起こす可能性があるものです。また、インフルエンザの菌は、そのシーズンにより流行が異なることに加え、感染が稀な種類などもあります。その中には血症や心内膜炎などを起こす可能性のあるものもあり、細心の注意を払い治療に専念する事が求められます。
インフルエンザの今年の症状を推測し、事前に医療機関で今年の症状に適したワクチンなどを接種してもらう事は大切です。また、インフルエンザに感染し、今年の症状を経験した罹患後に、再度新たなインフルエンザの菌に感染してしまうケースなどもある為に、インフルエンザは予防対策が重要な役割を担う疾患です。
インフルエンザを発症した後には、専用の吸入器で薬剤を服用するリレンザなどが処方されます。これは罹患後でも効果を発揮するもので、口腔内から吸入して使用することで、症状が重症化してしまうことを防ぎます。とりわけ、リレンザの場合は、インフルエンザの感染で一定の時間以内に服用することで、重症化してしまうケースを効果的に防ぐ事が出来ます。
このようにリレンザは予防接種とは異なり、罹患後でも効果を発揮する優れた薬剤ですが、何らかの食べ物が原因で口の中や、のどに腫れを感じた経験がある方の場合は、予め医師に口腔アレルギーなどの対策について指導してもらう事も大切です。インフルエンザは空気中に蔓延する細菌に接触し、体内へ侵入する事が多い細菌である為に、集団感染などが懸念される疾患です。そのため、重症化のリスクが高い高齢者の方や免疫力の低い小さなお子様は、予防接種に加え、リレンザなどを使用した対策法を把握しておく事が大切です。

ページトップへ