潜伏期間3日目までならリレンザを予防グッズに

日本の冬は非常に寒く、乾燥が激しくなります。
体温が低下し、免疫力が低下して風邪をひきやすくなります。
またこうした乾燥が進んだ環境ではインフルエンザウィルスなども増殖しやすくなります。
免疫力が低下しているところに、インフルエンザが体内に入り込むと肺でウィルスが大増殖し様々な症状が見られるようになります。
その一つが高熱にうなされるようになります。
40度以上の発熱が見られるのがインフルエンザ感染の特徴とも言えます。
また高熱による全身の関節の痛み、頭痛、下痢、嘔吐なども見られ生活することがままならなくなります。
そのため冬にはインフルエンザに感染しないように予防対策を講じることが大事です。
予防グッズもたくさんドラッグストアやスーパーなどで販売されるようになっています。
最も身近な予防グッズとしてマスクが有効であると言えます。
インフルエンザは感染者の咳やくしゃみなどの飛沫を吸い込むことで感染することも多々あります。
そのためマスクを予防グッズとして装着し、外出することは非常に対策として良いと言えます。
またインフルエンザは感染するとすぐに症状があらわれる訳ではありません。
感染して3日目などにようやく発熱が見られるようになります。
症状が発症する3日目までの期間を潜伏期間と言います。
この3日目までの潜伏期間にリレンザなどのインフルエンザの治療薬を吸入することでも予防対策とすることができます。
リレンザは医療機関のほか、ネット通販でも購入できるようになっています。
リレンザを冬に予防グッズとして備えて置いておくことも一つの賢明な方法と言えるでしょう。
リレンザは粉末状で専用の機械にセットし、口から粉末薬を吸い込み肺に充満させインフルエンザウィルスの増殖を抑制し、治療するものです。

ページトップへ