知っておきたい東京予防接種、リレンザや出勤停止について

多くの人が生活すると、その分感染症に感染するリスクも高まります。そのため首都東京予防接種について正しい知識を備えておくことで、自分自身が病気に感染しにくくなるはもちろん、自分が感染源となって不特定多数の人に病気を拡散しないことが出来るでしょう。
特に冬場のインフルエンザが流行するシーズンにおいては、東京予防接種をしてインフルエンザに極力かからない努力をすることが大切です。もちろん東京予防接種をしていれば100%感染を予防できるというわけではないため、もしインフルエンザに罹患してしまった場合は正しい治療などの対処が求められます。
例えばインフルエンザに感染した場合、発症後48時間以内にリレンザと呼ばれる治療薬の投与を開始すれば重症化するのを防ぐ効果が高いといわれています。そのため、急な発熱や身体の節々の痛みなどを感じた場合には医療機関を受診してリレンザの処方を受ける必要があります。
リレンザは吸入薬であるため、ディスクヘラーと呼ばれる専用の吸入器が必要になります。1回につき2吸入を1日2回行い、5日間続けていきます。
社会人の人にとっては出勤停止に関する取り決めが気になるでしょう。法律的に出勤停止期間を設けてはいないため、勤務先の指導を受けるのが一般的ですが、大抵はインフルエンザを発症して5日後、発熱しなくなってから2日間は出勤停止をするようにと推奨されており、自分の健康はもちろん他の人への感染を防ぐ効果もあります。そのためいくら忙しいからといって無理をしないで、出勤停止期間はゆっくり体を休めて安静にし、リレンザでインフルエンザを徹底的に治す心がけが大切です。
そうすればインフルエンザの感染防止に一役立てるでしょう。

ページトップへ